2016年09月26日

22 Nebula


曲を作るって言っても何日何カ月もかけて仕上げた曲もあれば、ものの数十分〜数時間でできた曲もあったりとそれぞれです。んで、この曲は後者ですね。出だしのコードを弾いた瞬間にサビまでメロディーとまとめて流れるようにできた曲。アレンジも拘る事なく自分の得意分野でやればいいって感じで、楽とは違いますがかなりスムーズに完成にこぎつけました。

「いつか他人になる日」と同時投稿でしたがニコ動での好みの別れ方がハッキリ分かれているというか…マイリス数ではいつか〜で、再生数ではNebulaが多いという、不思議な分かれ方ですね。

オリジナルのものとはミックスとボーカル調声以外ではそんなに変化はないです。そもそもこれ以上手を加える必要は無いって思った結果ですので。そいえば、動画では入ってたイントロのGUMIブレスはピアプロ配布音源ではカットされてるのお気付きですか?何か理由があると思いでしょうが…なんとなくです(笑)

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 17:43| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

21 漣


アルバムはいろは&GUMIのバージョンでいろはの力強い声質が浮き気味なので、やっぱりルカ&GUMI版がしっくりくるかな?

元々はボカロ入れの時に急遽デュエットアレンジにしたのでハモりを気にしなければ1人でも普通に歌えます。コードも少なくないし簡単なもので、所々のフレーズ除けばコードループなので演奏し易い曲ですね。

私のボカロ曲では一貫して守ってる自分ルールがあって、「生ボーカルで歌う際に違和感なく歌える曲である事」を守ってます。ボカロに疎い人からしたら恐らくイメージって滅茶早口の甲高い電波ソングだと思うんですねきっと。昔、mixiで「カラオケで歌うのが難しい曲ランキング」とかで1位が「初音ミクの消失」になったの見て「いや…あの歌は肉声で歌う前提の曲ではないだろ…」って(※作者の暴走Pさんが嫌いというわけではないです。ファンの方で誤解させて気を悪くさせてしまったらごめんなさい)。それを歌う事をステータスにしている人は趣味でいるでしょうけど、でもなるべく沢山の人に歌える・歌って貰える前提で歌は在ると思うので、それが出来る人が滅茶苦茶小規模に限られる曲を作ってしまうのはどうかと思って(キーの問題や好き嫌いは仕方ないとして)。だからそこは今も気をつけてます。

この曲は知り合いのバンドマンさんに気に入って貰ったりもしたんですけど。「最初、【蓮】と読み間違えたよ(笑)」って言われました。漣と蓮…確かに似てますね。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 13:16| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

20 evergreen flavor


「Downhill」でのシニカルダークムードをこの曲で浄化してもらいます。この曲はミックスしてくれたShogotanからもいい曲だねとわざわざLINEもらいました(笑)そいえば、ボカランのED曲にも採用されたりもしたので琴線に触れやすいのかもしれません。

珍しく2コーラス構成になっているのは生ぐーみん。さんのコンピアルバムの規定上ですね。収録数の都合上1曲の時間制限があったので、そこを調整した結果です。意図的に構成を省略したりすると物足りない感が出過ぎてしまうかとも思ったのですが、そこは違和感なくまとまったと思います。

実は作った後に気づきましたがこの曲もサビで転調してたんですね。「回遊魚」「comfortable future」とサビで転調する曲は幾つかありますが、思えばポップス定番の大サビ転調は今のところ未収録の「まなざし」だけみたいです。次のアルバムでは実践できたらと。

あとこの曲のピアノは終始16分のトリルが鳴り続けてます。クラシックの仔犬のワルツが弾けるくらいじゃないと指がつります(汗)プログラミングの弊害で生演奏を前提にしたミュージシャンには批評くらいそうですけど、ものは言い様で「生弾きが無理ならシンセのアルペジエータで代用すればいいじゃない」で誤魔化せばOK。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 16:32| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする