2016年09月25日

20 evergreen flavor


「Downhill」でのシニカルダークムードをこの曲で浄化してもらいます。この曲はミックスしてくれたShogotanからもいい曲だねとわざわざLINEもらいました(笑)そいえば、ボカランのED曲にも採用されたりもしたので琴線に触れやすいのかもしれません。

珍しく2コーラス構成になっているのは生ぐーみん。さんのコンピアルバムの規定上ですね。収録数の都合上1曲の時間制限があったので、そこを調整した結果です。意図的に構成を省略したりすると物足りない感が出過ぎてしまうかとも思ったのですが、そこは違和感なくまとまったと思います。

実は作った後に気づきましたがこの曲もサビで転調してたんですね。「回遊魚」「comfortable future」とサビで転調する曲は幾つかありますが、思えばポップス定番の大サビ転調は今のところ未収録の「まなざし」だけみたいです。次のアルバムでは実践できたらと。

あとこの曲のピアノは終始16分のトリルが鳴り続けてます。クラシックの仔犬のワルツが弾けるくらいじゃないと指がつります(汗)プログラミングの弊害で生演奏を前提にしたミュージシャンには批評くらいそうですけど、ものは言い様で「生弾きが無理ならシンセのアルペジエータで代用すればいいじゃない」で誤魔化せばOK。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 16:32| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

19 Downhill


この曲も割と古い曲で「伝わっていますか」同様タイミングを逃したストック曲。だもんだから、アルバムに入れて消化させました。

Downhill=下り坂、落ち目の意で歌詞は分かりやすく調子乗った人が落ち目になっている様を皮肉っています。宇多田ヒカルの歌詞に「山は登ったら降りるものよ」とあるのですがすべてに於いて当てはまりますが物事は良くなれば必ず悪くなる時がくるもので(その逆も然り)等間隔でないにしてもそれは波を打つ様に登り下りを繰り返しています。株価とか政党の支持率とかのグラフがわかりやすいですね。
だけどこの曲の「あなた」はそれを全く信じていないんです。アルバム未収録の「Gasoline」という曲の「世の中の不幸なんて自分には巡ってこない」と考えている人の様に根拠のない自信を抱いています。そんな人が自滅したら、もう第三者である私達は嗤うしかないですね。「伝わっていますか」の出だしの転がる石ころのように止まる事が出来ずにやがては転がり落ちて砕けてしまったのだから…。簡単に言えば「調子の乗り過ぎ注意」の警告曲。

歌詞はなんていうか、洋楽の和訳みたいな歌詞を意識しました。シニカルでストレートだけど隠喩も交えているような…よくわかんないですけど、最近の作詞はそんな感じを意識して書いてます。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 12:03| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

18 オートメーションツール


この曲はアルバムのバランスを整える意味で印象的なポジションになってくれたと思います。おかげで、公開当時よりお気に入りでLight盤のトラックリストではリピートで聴いていました。

Twitterで何度か言ってますけど、私は曲自体は作るのが好きであって音作り(波形を弄ったり、シンセのつまみを弄ったり)に関しては疎いので、クラブサウンドを作ろうとするさいには苦戦を強いられます。バンドサウンドばっかりやってる私にとってエレクトロサウンドは狙っても思い通りにはいかない事が殆どなので本当にできそうかもっていう頃合いを見て勢いで書いた感じです。

オートメーションツール(機能)は波形の強弱やエフェクト等の手動で書き込んだ情報を再生時にリアルタイムで反映させる機能で、ここでの波形っていうのをメンタルの波に例えています。自分の心を機械操作で平常心に保とうとしているわけです。歌詞の一人称・二人称がカタカナなのは、そんな行為で半分機械みたいになってる自分整える他人を皮肉っているからです。サウンドは軽いですけど歌詞で見ると結構苦悶な内容だったりします。「comfortable future」とかもそうですが、サウンドに反して歌詞は暗い(またはその逆)っていうのは私の曲に多いです。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 19:19| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。