2016年09月28日

26 紗幕の向こう


アルバムのラストナンバーは実際に最後に書き上げた曲。タイトルだけが既にあって、さてどうゆう曲にしようか考えている内に最後に回ってしまったという。でも、前にも言ったんですけどこのアルバムは元々は一つの作品にまとまっているようなものではない曲達の集合体みたいなものなので、一つのコンセプトに拘るっていうのは難しいんですよね。だったらあまり深くは考えずに、作ればいいんだろうって事で思ってから完成までは早かったです。

アレンジイメージは「つないで」に近くライブバンドのバラードナンバーな感じでステージのラストパフォーマンスな感じの曲な感じにしてます。Shogotanには、軽音バンドのバラードみたいな雑さが残る感じのミックスをお願いしていました。Light盤はあっさり聴き流す感じの曲メインなので余り壮大にしてしまうとバランスが悪いのでそのくらいが丁度いいかと思いました。

登録用の英語タイトルは少し考えましたね。「紗幕」に適合する単語が無いためシチュエーションから言葉を選出する必要がありましたから。ってなると浮かぶのは舞台が終わって降りた紗幕に薄っすら浮かぶ舞台役者のシルエットで、演目の余韻に浸る役者の余熱…そこから考えたのがBehind The Last Scene=ラストシーンの裏側でした。いかにもかラストトラックっぽいタイトルですね。


ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 18:08| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。