2016年09月26日

21 漣


アルバムはいろは&GUMIのバージョンでいろはの力強い声質が浮き気味なので、やっぱりルカ&GUMI版がしっくりくるかな?

元々はボカロ入れの時に急遽デュエットアレンジにしたのでハモりを気にしなければ1人でも普通に歌えます。コードも少なくないし簡単なもので、所々のフレーズ除けばコードループなので演奏し易い曲ですね。

私のボカロ曲では一貫して守ってる自分ルールがあって、「生ボーカルで歌う際に違和感なく歌える曲である事」を守ってます。ボカロに疎い人からしたら恐らくイメージって滅茶早口の甲高い電波ソングだと思うんですねきっと。昔、mixiで「カラオケで歌うのが難しい曲ランキング」とかで1位が「初音ミクの消失」になったの見て「いや…あの歌は肉声で歌う前提の曲ではないだろ…」って(※作者の暴走Pさんが嫌いというわけではないです。ファンの方で誤解させて気を悪くさせてしまったらごめんなさい)。それを歌う事をステータスにしている人は趣味でいるでしょうけど、でもなるべく沢山の人に歌える・歌って貰える前提で歌は在ると思うので、それが出来る人が滅茶苦茶小規模に限られる曲を作ってしまうのはどうかと思って(キーの問題や好き嫌いは仕方ないとして)。だからそこは今も気をつけてます。

この曲は知り合いのバンドマンさんに気に入って貰ったりもしたんですけど。「最初、【蓮】と読み間違えたよ(笑)」って言われました。漣と蓮…確かに似てますね。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 13:16| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。