2016年09月24日

18 オートメーションツール


この曲はアルバムのバランスを整える意味で印象的なポジションになってくれたと思います。おかげで、公開当時よりお気に入りでLight盤のトラックリストではリピートで聴いていました。

Twitterで何度か言ってますけど、私は曲自体は作るのが好きであって音作り(波形を弄ったり、シンセのつまみを弄ったり)に関しては疎いので、クラブサウンドを作ろうとするさいには苦戦を強いられます。バンドサウンドばっかりやってる私にとってエレクトロサウンドは狙っても思い通りにはいかない事が殆どなので本当にできそうかもっていう頃合いを見て勢いで書いた感じです。

オートメーションツール(機能)は波形の強弱やエフェクト等の手動で書き込んだ情報を再生時にリアルタイムで反映させる機能で、ここでの波形っていうのをメンタルの波に例えています。自分の心を機械操作で平常心に保とうとしているわけです。歌詞の一人称・二人称がカタカナなのは、そんな行為で半分機械みたいになってる自分整える他人を皮肉っているからです。サウンドは軽いですけど歌詞で見ると結構苦悶な内容だったりします。「comfortable future」とかもそうですが、サウンドに反して歌詞は暗い(またはその逆)っていうのは私の曲に多いです。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 19:19| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17 つないで


イントロとアウトロのフェードの尺を短くしている以外はあまり変わりません。一応、ミックスといろはの調声もいじってますが聴き比べても差異がないと思います。

どんなパンクロックバンドでも一曲は見せるバラードナンバーは持ってるもので、そんな感じの曲に仕上げています。構成が変わっていて、Bメロが1番にしかなかったり、2番はAメロが2つあったり所謂、王道の構成を少し崩してますが、多分違和感なく聴くことが出来ると思います。

歌詞は「もしかしたら」と似ていて、幸福に安住出来ない主人公の心境の歌。こっちでは片想い編になります。
こうゆうのって実体験から出来るの?って思う人もいますが、あるミュージシャンが言ってた事に「一概に実体験をネタにしても、その割合が90%の時もあれば2%の時もあるので一まとめには出来ないです」って言うのがあって、正しくそれですね。完全フィクションではいけど完全ノンフィクションでもないという。あとは、各々の妄想にお任せください。

因みにこの曲の海外版での英題はWith Me And You =私とあなたで。この日本語訳が最初の仮タイトルでした。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 14:56| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。