2016年09月21日

12 Bitter Orange


この曲も長く愛されているナンバーです。何度か書いてますが初めてギターで作った曲、ビギナーズラックって言うのは大げさですが個人的にもいきなりでいい曲が作れて気に入ってます。

もともとは大学のレコーディング実習での楽曲決めのオーディション用に持ち込んだ曲。残念ながら選抜は落ちたんですがその時の友達が組んでいたバンドが気に入って暫くそのバンドで歌われていた曲。
タイトルも当時からBitter Orangeで曲名は私からの案、歌詞だけはメンバーの子が書いた別バージョンでした。実は音源化に向けてレコーディングもされたんですが大人の事情でお流れになった経緯があります。

今回のアルバムアレンジでは、その時のバンドアレンジに近い感じにしております。オリジナル動画版ほど仰々しくしたくはなかったのでストリングスは薄いシンセの装飾程度に抑えました。投稿時期としてはかなり初期であの頃の打ち込み技量はかなり雑でそれを今のクオリティに整える為にほぼ9割プログラミングし直す羽目になりました。結果的には、この曲が入れられてアルバムは大丈夫と思える程の意欲作の一曲になっています。

因みに、あの当時から今もずっと全曲全パート打ち込みで作られています。ギターもドラムも全部。昔に比べて今のクオリティはどう聴こえてるでしょうか?

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 18:34| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11 いつか他人になる日


アネモネといい、この手の悲愴感強いバラードは私の得意分野ですね(笑)

多くは以前のライナーノーツで書いてしまったのであまり付け足す情報はそんなにないのですが、最初は男声ボーカルのイメージで書いた曲でした。ただ、このキーだと低すぎたんです。だけれど他のキー移調すると哀愁感が欠けてしまうのでこのままのキーに止めた経緯があります。

6/8拍子はポップスではスタンダードですが、今の所の持ち曲ではこれと「病弊」だけですね。8ビートばかりだと作る方も聴く方もマンネリしてしまうので色々試すべきですが、中々狙って作ろうとすると上手くいかないのが現状です(汗)変拍子にもいつか挑戦したいですね。

あと、このアルバムを「Deep」「Light」で分けた際にこの曲の位置にはLight盤では「Ivory」が来ますが、偶然にもこの2曲は同じキーになります。通りで似た悲愴感や哀愁感が漂うわけです。

ボカロ1st Album
pastel composition
image.jpg
配信中
ダウンロード価格:1,500円(一部を除く)
新曲含む全26曲収録

【配信ストア】
・iTunes: https://itun.es/jp/2nTGeb
・その他:http://www.tunecore.co.jp/artist/junjougakudou
posted by 拓巳 at 15:10| Comment(0) | ライナーノーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。